【脱プラスチック】紙ストローよりもっと飲みやすい、神ストローがあるのを知ってる?

スポンサーリンク
SDGs
SDGs 世界と日本

 

こんにちは日本を飛び出しがちなgirlかなこです。

 

さて今日は最近見かける紙ストローについて考えてみませんか?

 

スターバックスやミスタードーナツなど大きなチェーン店でも取り組むようになった『紙ストロー』。みなさんもすでに1回は使った事があるのではないでしょうか?

 

最初は環境にとてもいいじゃん!と思っていましたが、徐々に飲みづらいなどのデメリットにも気づくようになりました。

たまにならいいですが、毎日通うカフェがある方だったりすると不便を感じますよね。やっぱりなぜストローが元々プラスチックだったのかというと、それは飲みやすい素材だからに違いありません。

 

また、そもそも「ストローなんてなくても飲めるでしょ!」と思ったファミレスなどは、ストロー制度自体を廃止し、そもそもストローを置かなくなりましたよね。これについても衛生的に心配、口紅がコップにつくのが嫌という意見もありますし、ストローを必要としている身体が不自由な方がいるのも事実です。

 

そして私が紙ストローに感じたデメリットがもう一つあります。

それは果実やタピオカが最後まで吸えない事!!

 

環境を考えストローを紙製にするのは良い取り組みですが、食品を無駄に捨てるに繋がってしまってはなんだか意味がない気がしたのです。

 

 

環境に優しい方法で、飲みやすい他の手段が何かないかな。

そう思って調べてみると、驚くほど紙ストローよりも飲みやすいストロー達を見つけました!

みなさんもお気に入りのストローをぜひ探してみてください。

 

この記事を読んで、紙ストロー生活とはおさらばじゃ!!

 

スポンサーリンク

そもそもなぜプラスチック製ストローはダメなの?

 

まずなぜストローが廃止されてくのか、原因を知りましょう。

 

そもそもなぜ紙ストロー文化が広まっているのかというとそれは「プラスチックによる海洋汚染」が原因なのです。

 

プラスチックはストローに限らず、レジ袋、ペットボトル、様々な容器に利用されています。

これらのプラスチックはリサイクルされるものもありますが、ストローなどの小さなプラスチックはリサイクルできないため、使い捨てのゴミとなってしまうのです。

 

これらが海に流されると海洋生物が餌と間違えたりしてしまい、プラスチックは体内で消化する事ができない為内部を傷つけ、死に至るケースもあります。

 

そのような影響で産業では漁獲量が減るといった問題や、海のゴミが邪魔をし漁獲用の網に海洋生物がかからなかったり網が使えなくなるという問題があります。

 

また、観光業では海洋汚染によって海水浴などに魅力がなくなると言った経済的損失もあるのです。

 

 

このような事実を知るとたったあれだけのストローがこれだけ環境の問題になっているんだ!と驚きます。

確かにプラスチックストローは使いやすいですが、できる限りこの環境問題に協力したいですね。

 

 

という事で、実際にプラスチックストローの代わりに活躍する様々な種類のストローをご覧ください↓↓

 

スポンサーリンク

高級感も味わえる!ガラス製のストロー

 

私がガラス製ストローに出会ったのはとある飲食店でのことでした。

なにこれ飲みやすいしオシャレ!というのが率直な感想です。

 

特徴

 

口がつく部分に少し丸みがあり普通に飲んでいれば怪我をする事はないです。

恐らくすぐ割れないように分厚くできており、少々重め。

噛んだり強く握ったりすると割れてしまう可能性がありますので、お子さんの使用には注意してください。

 

扱い方

 

持ち歩きは破損を防ぐためにケースに入れましょう。

洗う時は付属のブラシで洗浄できるので、衛生的にも好感度高いです!

 

スポンサーリンク

シリコン製のストロー

特徴

 

柔らかいのでストローを噛む癖がある人お子さんなどにおすすめ。

しかし、匂いや色が移りやすいです。

レビューによると飲み心地がプラスチック製ストローに近いらしいので、違和感をあまり感じたくない人にいいかもしれません。

 

扱い方

 

柔らかい素材なので、割れるなどの心配もなく持ち運びはとても便利!

ガラス製と同付属のブラシでも洗えますし、熱湯消毒も可能です!

 

スポンサーリンク

ステンレス製ストロー

特徴

 

金属のため飲み物の温度がストローに伝わる(温かい飲み物は注意!)

金属アレルギーの方は使えません。

重そうに見えますがガラス製よりは軽い作りです。

 

扱い方

 

持ち歩きは袋などに入れればOK。

洗い方は付属ブラシで。

中まで乾きにくいので洗った後はできるだけ水気を飛ばしましょう。

 

スポンサーリンク

竹製のストロー

特徴

 

触感はサラサラで飲み物スーッと口の中に入ってくるので飲みやすいです。

使い始めは竹の匂いがするかもしれません。

湿度の高い場所に置いておくとカビが生えやすいのでご注意を。

 

扱い方

 

持ち運びはケースなどに入れましょう。

洗い方は付属のブラシで丁寧に。

乾燥機を使うと劣化しやすい為手洗いがおすすめです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

紙ストロー以外にもストローの種類ってこんなにあるんです。

 

個人的には紙ストローよりも、今日紹介したストロー達の方が飲みやすく、不快感も少ないのかなと思います。

 

海洋汚染問題は深刻な環境問題です。

 

既に世界の海に存在しているプラスチックゴミは合計で1億5千トン、年間で新たに800万トン流入していると言われています。

 

ストロー以外にもビニール袋廃止の取り組みが強化されていたり、私たちにもできる簡単な事で環境汚染が緩和されていきます。

 

みなさんも自分の生活スタイルなどと相談し、自分に合ったマイストローをぜひ持ち歩きましょう!!

 

 

written by kanako

スポンサーリンク
シェアする
CRASHをフォローする
CRASH in my world

コメント

タイトルとURLをコピーしました