【無条件で毎月お金GET!?】コロナ禍で注目されている”ベーシックインカム”って何?メリット、デメリットまとめ

スポンサーリンク
世界と日本
世界と日本 社会問題

 

こんにちはもとき(@motoki_crash)です!٩( ᐛ )و

 

 

突然ですが、ベーシックインカムという言葉を聞いたことはありますか? 

 

言葉だけではどんなものなのか全く想像つかないですよね( ・∇・)

 

 

  

実はこのベーシックインカム、

我々の生活をガラッと変えてくれる可能性を秘めている政策の名前なんです。

 

 

ではどのような政策なのか、詳しく見ていきましょう! 

 

 

スポンサーリンク

ベーシックインカムって何?

 

例えば、無条件で毎月10万円あげますよーって言われたら、あなたは何をしますか? 

 

かなこ
かなこ

毎月ちょっと贅沢な旅行に出かけちゃおうかなぁ!

サラリーマン君
サラリーマン君

毎月コツコツお金を貯めて、車を買いたい!

夢見る男性
夢見る男性

給料は気にせずに自分のやりたい仕事に転職したいなぁ。

疲れ気味の女性
疲れ気味の女性

もう仕事もやめて田舎でひっそり暮らしたいです。

 

宝くじみたいに一獲千金ってわけではないですが、これはこれで夢が膨らみますよね! 

ちなみに僕はもっと色々な景色を見たり、経験をするための費用にしたいです笑

  

 

今、あなたが考えたこと。

まさにその考えが、ベーシックインカムそのものなのです。

 

 

ベーシックインカムとは、全国民に対して最低限の生活を送れるよう、

無条件かつ定期的に国からお金が支給される政策です。

(先程の10万円という金額は一つの例です。)

 

 

労働することによって得る対価ではなく、存在することで得られる対価という発想であり、

生活していくために保障される「基本的人権」が経済制度の形を取っている、と言えば分かりやすいかもしれません。

 

スポンサーリンク

ベーシックインカムのメリット

では、ベーシックインカムのメリットについて触れていきましょう。

 

本当にやりたいことを実現しやすくなる

”日々、働くことに精一杯で趣味や好きなことに打ち込む時間がない”という方は結構いるかと思います。

ですがベーシックインカムがきっかけでお金に余裕ができると、時間や心にも余裕ができるので、

無理に働いたりせずに自分のやりたいことをできるようになる方が増えるのではないかと予想されています。

 

田舎の発展につながる

東京や大阪などの都会にはやはり企業や店が集中し、働くために都会に住んでいるという方が多いかと思います。

ですが毎月お金がもらえるとなると、都会で働く必要がなくなり、

田舎でゆっくり生活したいという人が増えるのではないでしょうか。

そうすると田舎にも人口が増え、都会と田舎の経済的な格差も少なくなり日本全体で大きなメリットとなります。

自殺や犯罪の減少を見込める

こちらは何か具体的な理由はないですが、

金銭的な理由での自殺や、強盗、窃盗など、

金銭目的の犯罪も減るのではないかと考えられています。

少子化改善に繋がる

今の少子化問題の要員の一つに金銭的な不安というのがあります。

不安定なこの時代で実際に子どもを作ったとしても、この先ちゃんと養っていけるのかが不安で晩婚化が進んでいたりします。

ベーシックインカムがあれば、金銭的余裕もでき子どもを産みやすい環境づくりに結びつくのではないでしょうか。

  

 

スポンサーリンク

ベーシックインカムのデメリット

労働意欲の低下

メリットの部分でも説明したように、なんとなく働かなくなる人減りそうだなぁって思いますよね。笑

仕事を辞めたりだとか、ある程度稼げてれば給料上がらなくてもいいやとか。

でも、日本って結構周りの目線を気にしたり、周りの空気や意見に合わせて動く人が多い国です。

しかも裕福に暮らしていけるほどの金額が支給されるわけではないので、

一定数の人が仕事を辞めたところで、大半の人はしっかり働き続けるんじゃないかなぁと僕は思っています。

財源のハードル

これがベーシックインカムを行う上での最大のハードルと言われています。

今、ベーシックインカムを実際に行うとすると7万円という金額が現実的らしいです。

もし日本にいる1億2000万人全員に、一人7万円で支出すると約100兆円かかるとのこと。

どこからそんな莫大なお金が出てくるのかという話になりますよね。

社会保障に使っているお金を回したり消費税をあげたりで、何とかなるのではと考える人もいるようです。

個人への責任負担が増える

「毎月お金あげるからあとは自分でなんとかして」

国全体がこんな雰囲気になってしまうと、逆に様々な場面で格差が生まれてしまいますよね。

ベーシックインカムを行う上で、財源の確保の為に生活保護や社会保障の廃止などが提案されています。

「月7万円じゃ生活できない」という人も多そうですよね。。

 

スポンサーリンク

コロナ禍で関心が高まるベーシックインカム

現在、世界中で問題山積みのコロナウイルス。

日本でも緊急事態宣言自粛要請でお金を稼げなくなっている人が続出。

 

一応の対策として、失業などをされた方向け(失業でなくても、コロナが原因で収入が減った人なら対象)に緊急小口資金という国から少額のお金(10〜20万円)を借りることができる制度はあります。

ですがそれでもお金が足りないという人や、一時的な給付では生活費が追いつかないという人も多いですよね。

 

そんな中注目されているベーシックインカム。

 

日本を救う解決策となるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

written by Motoki

スポンサーリンク
シェアする
CRASHをフォローする
CRASH in my world

コメント

タイトルとURLをコピーしました